TOP >関心ワードの特徴 > リスティング広告のキーワード選びに使う(活用例)

■不動産情報サイトの関心ワード


潜在顧客のニーズを発見し、リスティング広告に活用

不動産情報サイト「くろすりすてぃんぐ不動産」では、問合せ件数を増やしたいと考え、関心ワードのタグを設置し、訪問者が『結婚指輪』を検索しやすい傾向であることを発見しました。以前からリスティング広告で運用していた『不動産情報』『地域』関連キーワードのほかに、『結婚』や『婚約』に関連したキーワードを追加することで、不動産情報を検索する前のフェーズにある潜在顧客に対しても、自社サービスをアプローチできるようになりました。

最大13ヶ月分・10,000回検索できる。
関心ワードはゴールドプランでご利用可能!

⇒ 会員の方のプラン変更はこちら

▼ 関心ワード関連ページ

キーワードウォッチャーは、国内で検索されたキーワードの検索数やサイト訪問者の関心ワードを調査できる検索キーワード調査ツールです。

© X-LISTING Co., Ltd.